新たに、【食育コーディネーター】資格取得講座が開設されました!

食育に関する講座は数多くあれど、ビジネス展開のノウハウを学べる唯一の講座です

食育の実践的な活動を行う上で、基本となる知識と実践力を身につけることのできる資格です。

詳しくはこちら!

2015年12月5日千葉テレビ『熱血BO-SO TV』出演

番組では「弁当の日応援プロジェクト・子供料理教室」が取り上げられました

食育の一環として、子どもが自分たちで買い物から調理まで全てを行なう
「弁当の日」という全国で支持を受けている食育活動があります。

今回は、そんな「弁当の日」プロジェクトを応援するための「子供料理教室」を
食を通じて地域の皆様とつながるというコンセプトの基に「ハウス食品」の「スマイルデイズ」という
地域密着型のお食事処の協力で開催しました。

20151205BO-SOTV 1.JPG

2015年9月20日山口県・宇部市にて食育講演

食育と食で元気な街作り

9月9日に出版社主催のイベント「料理の盛りつけの基本と応用、おいしく見せる写真の撮り方」というテーマの講演
9月20日には山口県の宇部市で「食育と食で元気な街作り」の講演を行いました。

IMG_2341.JPG

協会理事、斉藤シェフの本が出ます!

発売は、2015年7月31日

フレンチのシェフからオーナーシェフになり、その後は飲食店の総合プロデューサーとして
食育活動に力をいれている斉藤シェフ。その斉藤シェフの本が新たに出版されます。
今回出版されるのは「戦うシェフ斉藤雄大の十番勝負」!是非、読んでみてください!

斎藤雄大の十番勝負 fightingcheff.jpg2015年7月31日発売です

斉藤シェフの本こちらも手に取ってみてください。
「料理教室へ行こう! 首都圏版Vol.1」双眼社

家族と食事をすることの重要性

━━━食育の大切さ

  • kazoku.jpg食育は現代社会で生活する上でとても重要な問題になっています。特に子供たちの生活において、かたよった食事や、両親が共稼ぎによって家族が揃って食事を出来ない事から好き嫌いを増やす原因になったり、会話が無い事でコミュニケーション能力やマナーも身につけられません。
  • そういった事が原因で“食”に対する興味を持たない子供が増えています。

━━━栄養過多の子供たち

  • 好嫌いの多い子供たちは、自分で生活する年齢になっても、バランスの悪い食事をしてしまいがちです。
  • そのような栄養過多の食事を長年続けた結果、体への悪影響や、成人病等の病気になる恐れも有り心配されています。そんな食生活をどうにかして改善していくことができないか?
  • それが今回のプロジェクトの目的です。

━━━世界に誇れる日本の文化

  • 日本には世界に誇れる文化が沢山あります。その中でも相手を思いやる気持ち、いわゆる
  • 『おもてなしの精神』これに関しては古くから日本の独特なコミュニケーションから成り立っていると
  • 思われます。そういった文化に、子供がふれる最初のコミュニケーションは家族との食事の時間です。
  • そこで、子供は多くを学び人とのつき合い方を身につけていきます。
  • しかし、今その素晴らしい文化が崩れてきてしまい数多くの問題に発展してしまっているのでは
  • ないでしょうか。
  • 今一度、真剣に考えてはみませんか?
  • 食という文化を通して人と人とのつながり、相手を思いやる精神、
  • 食育はそんな「心の力」を育てる事ができます。
  • 皆様、そんな食育プロジェクトにご参加ください。

IMG_2728.JPG

004.png 親子料理教室 3月21日の料理教室のサマリーを更新しました

親子の絆を深め、作る楽しみ、食べる楽しさを知ってください。参加方法はこちら!

005.png

nougyou.jpg

004.png 親子農業体験

日頃農業と親しむ機会の少ない消費者と生産者の交流を深め、農業への理解を深めていただくことを目的とした親子農業体験です。参加方法はこちら!

005.png

syuukaku.jpg

004.png 親子収穫祭

「子ども達への食育」、「地域産業の発展」、「食情報の発信」をコンセプトに地元農家との連携により、地元野菜の収穫祭を開催します。
お子様の情操教育に役立つ収穫祭に親子でふるってご参加ください。参加方法はこちら!

005.png